道場長紹介

合気道歴30年、プロとして活動している道場長が初心者から高段者まで個人の習熟度に合わせて分かり易く指導します。


<道場長>

大関正美(Masami Ozeki)

・合気道六段位(合気会)

・A&P合氣道大関道場 道場長

・埼玉県合気道連盟 理事 

・国立埼玉大学合気道部 監督

・カルチャーセンター合気道教室 師範


<略歴>

1966年 埼玉県岩槻市生まれ

    マンガ「北斗の拳」を読んで武道に興味を持つ    

1985年 国立埼玉大学工学部入学

    何か武道をやりたいと思い空手や少林寺拳法も

    考えたが、相手のことも思いやる合気道を選ぶ

    合気道部に入部し、小林保雄先生、石垣晴夫先生

    より合気道を学ぶ

    合気道ばかりやっていた為、21期主将を務める

1989年 国立埼玉大学工学部を卒業 

    (株)コマツに入社

    石川県で研修中、少林寺拳法を学ぶ

1990年 関東に戻り、小林道場で稽古を積む一方、極真空手を学ぶ

1993年 大阪転勤となり大阪合気会で稽古を積む

    同期や武道に興味を持つ仲間を集めコマツ合気道クラブ創設

1995年 イギリス コマツUKに転勤

    サンディエゴ合気会千葉和雄先生の教え受ける

    ダーラム合気会で稽古を積む

    ダーラム合気会で認められ、週1回稽古を指導する    

1996年 日本帰国 小林道場、石垣道場で稽古を重ねる

1998年 イギリス滞在中に感じた「自分の人生を豊かにする為」にコマツを退社

    A&P合気道石垣道場の指導員となる

2002年 A&P合気道石垣道場の内弟子となり、週6日稽古を積む

2007年 公益財団法人合気会より五段位授与

    埼玉県川口市にA&P合氣道大関道場開設

2008年 西浦和教室開設

2009年 埼玉大学合気道部 監督に就任

2013年 公益財団法人合気会より六段位授与

2015年 鴻巣教室、レイクタウン教室開設